recruit

採用について

社員紹介

弊社の仕事は現場監督が主な業務です。
実際の工事は協力会社に依頼し、品質や安全を確保しながら
スケジュール通りにかつ予算内で工事を進行・管理する役割を担っています。
先輩社員の一日の仕事をご紹介します。

ONE DAY OF MARUEI STAFF

常例部門 苫小牧出張所
2015年入社
北見工業大学大学院 工学研究科
バイオ環境化学専攻

    • 出社後
      現場着工朝はラジオ体操から始まり、朝礼では当日の作業内容の確認や安全遵守事項・危険箇所について等の連絡をしています。現場着工後は、環境確認や機材点検・掲示物の確認などを実施します。 現場着工
    • 午前
      作業内容の確認 安全・品質・工程が守られているかの確認を行います。それぞれの作業配分、役割が適正であるのかの反省等を行います。また、午前中の作業報告を受け、午後からの作業内容の周知を行います。
    • 現場再開途中の作業変更や現場環境変化について確認し、現場パトロールも実施していきます。その後、次回以降の工事作業について客席と打ち合わせし、工程会議に向けて段取りを進めていきます。 現場着工
    • 午後
      日報作成 工程に準じた翌日の工事日報を作成し客先に提出します。工程会議を行い他社複層作業や重機使用状況等を確認します。
    • 夕方
      現場確認塗料、資材の片付けを行い産廃の処理、工具の手入れ等の整理整頓を行います。ヒヤリハットの聞き取りを行い、安全防護処置を進めていきます。また、その日の工事進捗、工事品質、工程の確認を行います。終業前点検として飛散物や可燃物が放置されていないかを確認します。
    • 退社前
      現場片付け&書類作成 作業終了後は、現場の安全事項を確認し、翌日の施工内容や連絡事項の周知を行い、現場完了の報告をしています。作業実績や書類の作成、写真など進捗状況も整理して所内への連絡を済ませておきます。 現場着工

ONE DAY OF MARUEI STAFF

常例部門 君津出張所
2013年入社
佐賀大学
農学部 生物環境科学科

    • 出社後
      現場着工、巡視 現場ごとに分かれ作業内容や安全ポイントについて説明します。お互いの認識にズレがないかよく対話をし、実際に現場で確認して指示することを心がけています。 現場着工
    • 午前
      書類作成等 見積書や施工計画書などさまざまな書類を作成します。期日よりも早く提出するために優先順位をつけて早く取り掛かることが大事です。上司に指摘していただき気づくことも多々あり、次回に活かすようにしています。
    • 現場説明客先と現場でどういう工事を行うのか確認します。図面では分からない周りの環境を確認し、工事を行うイメージを膨らませながら準備を進めます。客先から質問や意見を求められることもあるので事前準備や日々の勉強が大事です。 現場着工
    • 午後
      調査、写真整理(書類作成) 次の仕事に繋げるために、現場の腐食状況を調査しています。客先の問題を一緒に親身になって考える姿勢が大事だと学んでいます。
    • 夕方
      現場最終確認現場が安全な状態であるか、片付け状況は良好か確認し、品質や進捗について気になることは、作業員と対話することを重視しています。
    • 退社前
      帰所~書類作成、翌日の段取り 工程や人員配置について定期的に調整を行います。現場担当者はいますが、お互いが助け合い、協力し合うチームワークを感じながら仕事をできる面白さがあります。 現場着工

ONE DAY OF MARUEI STAFF

常例部門 戸畑出張所
2015年入社
鹿児島大学大学院 理工学研究科
化学生命・化学工学専攻

    • 出社後
      進行業務の確認 出社後、メール、天気、当日の作業内容を確認します。作業内容に課題点がないか、現場作業をイメージして作業指揮者と検討しています。
    • 午前
      清掃状況の確認 劣化調査では、調査箇所に堆積物が溜まっているため、調査前に高圧洗浄機にて堆積物を取り除きます。取り除いた堆積物が設備稼働部に詰まっていないか、進捗状況を作業指揮者と確認して進めます。 現場着工
    • 劣化調査腐食状況をタブレットに入力、写真撮りを行います。劣化度は標準のサンプル写真と見比べ判定します。写真はどこの場所が腐食していたのか分かるよう引きの写真と劣化度が分かるよう寄りの写真を撮影します。腐食状況が著しい場合は、客先担当者へ連絡を行っています。 現場着工
    • 午後
      劣化調査 各作業の進捗を作業指揮者と整理します。遅延した作業が翌日以降に大きく影響を及ぼす場合、優先的に進めます。当日だけでなく全体の流れを把握しておくことが大切です。
    • 夕方
      設備稼働前の確認調査終了後、設備の稼働に問題がないか最終確認を行います。設備稼働部に調査後の腐食物が詰まっていないか、道工具の置き忘れがないか、安全柵(稼働部の立入禁止柵)の取り付け忘れがないかなどを確認します。 現場着工
    • 退社前
      作業指示書と報告書の作成 事務所に戻り、当日の進捗整理と翌日の作業内容を記した作業指示書を作成します。また、補修案件に向けた調査データの整理、報告書の作成を行っています。

ONE DAY OF MARUEI STAFF

技術部
2019年入社
九州工業大学
工学部 マテリアル工学科

    • 出社後
      進行業務の確認 朝礼にてラジオ体操後にメールを確認し、客先へ着工前の連絡をします。また、天気や当日の試験内容の確認・記録を行います。
    • 午前
      試験準備・試験開始 試験機器の調整、試料の準備、条件確認等の試験段取りを行います。段取りが終了次第、事前に設定した条件通りに試験を開始します。数値、試料の変化等を記録し、写真や動画でも記録を残すようにしています。 現場着工
    • 客先報告・再試験客先に午前中の試験結果を報告し、試験条件の変更に応じて条件を再設定した試験を実施しています。条件が少しでもずれてしまったら、適正な値が得られないので細心の注意を払います。 現場着工
    • 午後
      片付け 機器等の試験に用いた物の片付けを行います。精密機械を使用する場合もあるので、使う前よりもきれいにすることを心がけます。
    • 夕方
      データ整理・報告書作成試験場から事務所へ戻り、試験結果・試験写真の整理をします。まとめた結果をもとに報告書を作成し、客先へ報告書を提出するとともに、試験の進捗を報告します。客先が求めていた結果を試験によって導き出せたときはかなりの充実感を感じます。 現場着工
    • 退社前
      準備と一日の振り返り 翌日にやることの準備や確認を行います。それに加えてその日に考えついたアイデアなどをメモして試験方法の改善などにつなげていきます。

ONE DAY OF MARUEI STAFF

マンション・ビルリニューアル部門
2020年入社
北九州市立大学
経済学部 経営情報学科

    • 出社後
      上司と一日のスケジュール確認 始業前に上司と一日のスケジュール確認を行います。何をいつまでに、どこまで終わらせるのか考えて報告し、アドバイスをいただきます。一日のスケジュールを立てて共有することで、その後の業務がよりスムーズに進みます。また、アドバイスをいただくことで仕事の効率がアップし、自分の成長にも繋がっています。 現場着工
    • 午前
      現場調査・確認 日々の業務として、劣化報告書・見積作成や外壁調査用の図面作成等があります。そのために必要な数量や建物の状態について、実際に現場にて確認・調査します。現場では図面だけでは分からない数量のチェック、建物の劣化状況や周辺環境等をカメラで撮影します。また、どのような写真があればお客様に分かりやすく説明できるかを意識して撮影しています。
    • 現場調査結果の整理 現場調査にて撮影した写真の整理や数量の整理を行います。時間が経ってから見返した時でも、何がどこの数量なのか、どこの写真なのかが分かりやすいように整理します。この作業を後回しにしてしまうと、せっかく確認したことを忘れてしまって再確認が必要になることもあるため現地調査後なるべく早めに取り掛かるよう意識しています。 現場着工
    • 午後
      劣化報告書の作成・見積作成等 整理した写真や数量をもとに、劣化報告書や見積書等を作成していきます。劣化報告書は、建物の劣化がどの程度のものなのか、具体的にどのような補修が必要なのかが分かりやすいように作成することを心がけています。また、見積書作成時は建物の形状や状態によって、その都度最適な金額を決定するようにしています。
    • 夕方
      完成した劣化報告書や見積書等の見直し・精査 規模の小さい建物であれば、現地確認から見積作成までを一日である程度進められます。劣化報告書や見積書が一通り完成した後は、数量ミスや計算ミス、誤字脱字等が絶対にないように時間の許す限り何度も見直しを行います。間違いや不備があればその都度修正して、より良いものを作成できるように心がけています。 現場着工
    • 退社前
      一日の振り返り・翌日やるべき仕事の整理 その日にやるべき仕事が落ち着いたら、一日の振り返りを行います。朝計画したスケジュール通りに仕事を進められたか、忘れていること・抜けていることはないか振り返ります。一日のやるべきことに抜けもなく大丈夫であれば、翌日やるべき仕事の整理をします。仕事の進捗について上司と共有して特に問題なければ、身の回りの片付けを行い帰宅します。
PAGE TOP